Otaru Colors

Top

<   2006年 12月 ( 28 )   > この月の画像一覧

第一話 牡蠣鍋に思いを寄せての巻  第二話 コンサドーレに思いを寄せての巻

a0086387_02035100.jpg



a0086387_0211514.jpg
今月に入ってから我が家は随分と牡蠣鍋をしている。
大粒の牡蠣が驚くような量と値段で出ている。
以前は年に何回かしかできなかった牡蠣鍋、今は月に何度もしている。
いつも最後の一つを争っていた牡蠣鍋、今は野菜よりも牡蠣の方が多いくらいだ。
がんばれ牡蠣業者、風評被害で大変のようだが応援しているぞ。
鍋の季節、我が家は「今だ!」とばかりに連夜の牡蠣鍋だ。

もちろんカジカも食べてます。

Moreありがとう コンサドーレ 
[PR]
by k_ruka | 2006-12-30 00:34

マダム、プリンターに八つ当たり

a0086387_23253064.jpg



a0086387_2325479.jpg



a0086387_2332346.jpg


Moreがんばれ、マダム
[PR]
by k_ruka | 2006-12-28 23:44

暮れの運河に雨が降る

a0086387_0351625.jpg
暮れには暮れの気候というものがあって、朝晩の冷え込みを肌で感じながら「あぁ、今年も一年が終わるんだなぁ」と感慨にふけったりもするのだが、こう暖かいんじゃ、3月末から4月の気候だ。
もうすぐ正月だというのに、なんか正月の気分がしないんだよな。

朝から一日中雨、それも結構な降り、これが雪だったら大雪だったかもしれない。
これだけ暖かいとその反動が怖い。
身も心もこのぬるい気温に慣れちゃって、この先モーレツな寒波が来たときは体の抵抗力もなくイチコロにやられそうだ。
[PR]
by k_ruka | 2006-12-28 00:36

「友里」でランチ

しろぱんださんのブログパンダ村に載っていた南小樽の「友里」にてランチを食す。
この店は前から知っていたが、入ったことはなかった。
こんなときは、行った事のある人のブログってとても参考になりますね。
ありがとう、しろぱんださん。
a0086387_015351.jpg
a0086387_0155059.jpg
今日食べたのは、焼き鳥定食680えん、洋風チラシ730えん、
値段、量、味、店の雰囲気、どれも満点、お得感いっぱいです。
どう良いのか説明が難しいので、ぜひ一度行ってみて下さい。



a0086387_016290.jpg
南樽近辺はわしらにはまだまだ未開の地、これからはランチを食べにちょくちょくお邪魔する事になるかもしれない。



a0086387_0161749.jpg
ロボットハウス
[PR]
by k_ruka | 2006-12-27 00:19

白と青

a0086387_22485188.jpg
いつもは雪雲にかすむ摩天楼も、今日は青さの中にその姿を現す。
街が綺麗だ。



a0086387_2249499.jpg
雪の降る日はうつむき加減で歩く道も、こんな青空の日は空を見上げてしまう。
でも足元には気をつけろ。





a0086387_22491650.jpg
青と白



a0086387_22492574.jpg
何ヶ月も続く冬の寒さ、街を埋める雪の白さ、そしてたまに見せる空の青さ。
普通の暮らしの中に、こんなにもきれいな世界が広がっている。
雪国で暮らすものにしか味わえないこと。

冬の雪は確かに厄介だ。
でもこんなにも白い世界の中にいられる。
とても不思議なこと。
[PR]
by k_ruka | 2006-12-25 23:41

今日の雪で、あっという間に道路に雪山が出来てしまった

a0086387_24194.jpg
このボンネットバスが走っていると、ついつい撮りたくなってしまう。
あと、人力車ね。もういいかなと思いながらもカメラを向けてしまう。
冬でも彼らは走ってるんだよな。



a0086387_243143.jpg

[PR]
by k_ruka | 2006-12-24 23:27

第一話 デンキ湯解体の巻  第二話 アッ、コンサドーレ勝っちゃったの巻

名物銭湯がまた消えた。
どれだけ名物かというのは、こちらDENZIさんのDENZILANDデンキ湯編を読んでいただけるとよーくわかります。
DENZIさん、勝手にリンクしちゃいました。
a0086387_21432414.jpg



a0086387_21433878.jpg



a0086387_21434997.jpg
小樽は銭湯が多いので、わしらも小樽銭湯全店制覇という計画を立てたことがある。、
しかし飽きっぽいわしらは4,5軒行っただけで、その計画は頓挫した。
このデンキ湯は一度だけ行った事があり、そのあまりの昭和っぷりにカルチャーショックを覚えた。
昔ながらに番台が脱衣所と浴槽の方に向いていて、ここの親父らしき人物がこちらを見て座っている。
込んでたらそれでもいいのだが、女湯はマダム一人だったらしく全部丸見え、銭湯慣れしていないマダムにはきつかったようだ。
こうやっていろんな事が思い出になって行くんだな。

More第二話
[PR]
by k_ruka | 2006-12-23 21:51

冬至はいいね。

明日から毎日ちょびっとずつ日が長くなって行く。
うれしい。


a0086387_22263354.jpg



a0086387_22264174.jpg

[PR]
by k_ruka | 2006-12-22 22:37

港の風景

札幌に行ってきた。
札幌は賑やかだ。


a0086387_2357459.jpg
日が沈む頃、小樽港を通りかかる。


a0086387_23575927.jpg
夕日がきれいだ。
急いでどこか写真を撮らなければとオロオロしているうちに、夕日はあっという間に山の向こうに沈んだ。



a0086387_1163650.jpg

帰り道、駅前通りを通る。
札幌の賑やかさの余韻が残っていたのか、とても静かに感じる。
よその街と比べることもないのだが。

人通りも少なく、街のざわめきも聞こえてこない。


a0086387_1165265.jpg

人は静かな落ち着きをこの懐かしい街に求めてくる。
だが私たちはここで暮らしている。
街は静かというより、閑散として感じる。
この街が少しでも以前の賑わいを取り戻せたらいい。

私も札幌に行ったら、旅人なんだ。
きっと札幌のほんの一面しか見えていないんだべな。
[PR]
by k_ruka | 2006-12-22 00:54

雪が少ないと雪かきもしなくていいし、楽チンだね。

a0086387_22161097.jpg



a0086387_22272730.jpg
今年は今のところ雪が少ない。
去年が多すぎたんだ。
でも油断してはいけない、いつドカ雪がくるかわからんからな。
冬本番はこれからなんだ。
[PR]
by k_ruka | 2006-12-20 23:03