Otaru Colors

Top

<   2007年 10月 ( 23 )   > この月の画像一覧

「千両梨」

先日余市から リンゴ ぶどう 梨を買ってきた。
小さい頃から梨といえばこの「ひょうたん梨」だった。
「千両梨」とも言う。
本州から入ってくる丸くて茶色い梨、あんなのを食べたのは随分後になってからだ。
a0086387_22361756.jpg

ネットで「千両梨」を調べてみたら

「千両梨は余市町で明治時代に発見された北海道独自の品種。
ひょうたん形で糖分が多く風味があり「シャッキリ」した歯ざわりは満足すること間違いなしです」

んな事が書いてあった。
余市が発祥の地だとは知らなかった。
どうりで梨と言ったらこれだったもの。


アッ、焼肉もそう。
小さい頃から焼肉と言えばジンギスカンの事だとずっと思っていたのに、社会に出てから食べた焼肉は牛 
サガリやカルビ。

「オォ~ウメェ~!!これがホントの焼肉だったんだ」と思ったものです。
[PR]
by k_ruka | 2007-10-28 22:41

果物のある喜び

果物好きの我が家は、一年を通して果物が切れる事はない。
今は毎日ブドウとリンゴ 時々プルーン。
(プルーンはマダムが独り占めして、私にくれない)

果物はいつも余市で買ってくる。
a0086387_1232825.jpg

そろそろブドウも終わり、来年の春までリンゴです。




a0086387_1234085.jpg

リンゴもじつに多くの種類があって、少しずつ買っては味を食べ比べている。
サンサ ツガル ハックナイン 王林 ・・・
マダムはアサヒやアカネの酸っぱめのものが好きなようだが、私はやはり中に蜜の入っているサンフジですね。

このリンゴは津軽だったかな。




a0086387_1231752.jpg

これは先日姉から貰ったもの。
みかんはこの時期買うことはない。

みかんはやっぱり冬でしょ。


アッ、頂き物の柿もあったのに、写真を撮り忘れた。
[PR]
by k_ruka | 2007-10-28 02:01

車窓フォトグラファー

a0086387_2512247.jpg

車窓フォトグラファーは助手席から指示を出す。
「も少し前に止めて!」
「も少しバック!」
助手席の窓からバシバシ風景を撮る。

車窓フォトグラファーは助手席で怒る。
「なんでこんななんもない道を通るの!」
それでも何かを見つけては、車の窓を風のように過ぎていく一瞬の風景を切り取る。

降りるのがめんどくさいから、窓から撮るんじゃない。
外が寒いから車から撮るんじゃない。
ヤツは車窓フォトグラファーなんだ。


ひとしきり車窓からの風景を撮りまくったら、後は家まで爆睡だ。
[PR]
by k_ruka | 2007-10-26 23:09

ご近所の秋

a0086387_0524166.jpg

月曜日と木曜日はゴミの日。
ゴミ出しはボクの仕事。

今朝はゴミを出しに行く途中、干し大根を発見。
また家に戻ってカメラを持ち出してくる。
先週もここで写真を写していたら、このおじさんが通りかかったんだ。

今日は挨拶をして、少しだけ立ち話。
「大根を写している」と言ったら笑っていた。

大根を写すと言うことが不思議なんだべな。




a0086387_0525314.jpg

私の姉も今週中には大根を洗って干すと言っていた。
毎年大量に大根を漬けては、みんなに配っている。
来月には我が家にもニシン漬けと玄米漬けがやってくるはず。
姉の漬物はとってもおいしいので今から楽しみ。

姉の今一番の心配事は今年の大根の出来だそうだ。






a0086387_05734.jpg






a0086387_053222.jpg






a0086387_0531238.jpg

うちの前に生えてたぺんぺん草
マダムが「白い花がきれいだよ」と教えてくれた。
「どれどれ」とマクロを持ち出す。

まったく見過ごしてしまいそうな花

茶色く枯れかかっているのに、がんばって咲いていた。
[PR]
by k_ruka | 2007-10-26 01:12

本局へ行く

マダムが本局へ行くという。

一人で留守番も寂しいので、いつものようにお供をする。

近くに駅前郵便局もあるのだが、いつも本局へ行く。


都通を横切って・・・

旧手宮線を通り抜け・・・

路地をジグザグに進む。


本局までのコースは気分によっていろいろ変わる。


a0086387_142435.jpg






a0086387_1421356.jpg






a0086387_1422272.jpg

久しぶりに歩いた街

いつもいつも通っている路なのに何がそんなに珍しいのか、

あっちこっちに引っかかってはシャッターを押しまくる。

相変わらず「ふたり写真クラブ」は、道草ばかりでなかなか本局にたどり着かない。

a0086387_2132086.jpg

本局で用事が済んでの帰り道

やっぱり道草ばかりで、なかなか家に帰り着かない。
[PR]
by k_ruka | 2007-10-25 02:17

楽しいカメラ生活

a0086387_184394.jpg






a0086387_185322.jpg

最近はあまり散歩に出ていない。
外出するときはほとんど車。
写真も出先の周辺で撮っているくらい。

すっかり日も短くなってしまったので、のんびり散歩も出来はしない。
おかげで運動不足です。

そんな私の今の楽しみは、工房の作品を写真に撮って、ポストカード風に仕上げること。
朝から「今日は何を使って、どういうふうに撮ろう」と考える。

背景を考え、配置を決め、光の辺り具合を見て、さて文字をどうしようとか・・・
なかなか奥が深いのだ。

思えば私がカメラを買ったのも、工房の作品を写真撮りするためだったんだ。
その事をすっかり忘れていた。

そんなわけで今は「木の工房るか お仕事ブログ」も楽しくなってきちゃいました。

仕事と趣味と、いろいろと忙しい秋です。
[PR]
by k_ruka | 2007-10-24 01:22

人影

a0086387_2345839.jpg




a0086387_23451823.jpg

日も短くなり、まだ5時だと言うのに辺りはもう暗い。

日中はまだまだ賑やかな運河周辺も、人影もまばらになってしまう。


プラタナスの枯葉が冷たい風に舞っている。
[PR]
by k_ruka | 2007-10-23 00:02

電線にこんがらかって

今日は私が毎日見ているブロガーの方達にお会いする事が出来た。

いつもうっとりしながら見ていた写真の数々。

それらを撮っていた人達。

私のような初心者の憧れ。

スターさんに会ったファンの気持ちです。

短い時間だったけど、とても楽しい時間でした。
a0086387_1175542.jpg






a0086387_118668.jpg

今までブログを通して、随分いろんな人にお会いする事が出来た。

カメラやブログをやっていなければ出会うことのなかった人達。

コメントをくれた方、直接お会いできた方。

皆さんいい人達ばかりだったので、今もこうしてこんなブログを続けていられるんだと思う。



電線の向こうに住んでいた人達と、現実の世界で会える・・・

なんとも不思議な感じですね。
[PR]
by k_ruka | 2007-10-21 01:32

市立小樽美術館の階段

a0086387_122357.jpg





a0086387_1224719.jpg





a0086387_1225862.jpg

美術館に行くときは、なるべく午後からにしている

それもおもいっきり晴れた日がいい


大きい窓から差し込む午後の日差し

階段に出来る光と影


ここは行くたびにいつも違った表情を見せてくる

時間によっていろいろに変化するのが楽しい

a0086387_233692.jpg

[PR]
by k_ruka | 2007-10-20 01:49

月曜日と木曜日のボク

a0086387_0503781.jpg

毎週月曜日と木曜日はゴミの日。
ゴミ出しはボクの仕事。

いつからか、ずっと前から朝一番のボクの仕事。
普段、日にちと曜日の感覚にうとい生活をしていても、ゴミを出す日だけは忘れない。

朝起きると「アッ、今日はゴミの日だ」とばかり、仕事場、台所、猫のトイレ
家中のゴミを集めて、有料のゴミ袋に入れ、船見坂を登ってゴミステーションまで行くのだ。

こう言うのを飼い慣らされてるって言うんだべか?

今日も袋をぶら下げて、ヨタヨタと坂を上って行く。

a0086387_0502685.jpg

朝晩すっかり寒くなったのに、まだけなげに花が咲いていた。
土地事情に厳しい小樽、それでもみんなプランターで夏の間、花を楽しんでいたんだ。

家からカメラを持ち出し、写真を撮りに戻る。

なんてことのない花かもしれないけど、今朝は随分きれいに見えたんだ。
[PR]
by k_ruka | 2007-10-19 01:33